ディフェリンゲルの毛穴の経過は?赤みが悪化する?

日本の保険適用のニキビ治療で今現在最も
効果が高いとされる治療がディフェリンゲルを
塗ることとされています。

使用し続けると経過はどのようになるのでしょう?
使い始めは悪化やヒリヒリするといった口コミ
が聞かれます。


スポンサードリンク



背中にも塗ったり、ニキビを治す以外にも毛穴が
小さくなったり角栓がなくなるといった意外な効果も
あるようです。

ディフェリンゲルの成分や効果は?

この薬の成分はアダパレンという成分が
主成分となっています。

WS000000

このアダパレンはビタミンA誘導体
(レチノイド)の親戚のようなもので
トレチノインと似たような効果を
持っています。

角質を通常のターンオーバーのサイクルよりも
早めにはがすことによって毛穴のつまりを
防ぎます。

ピーリングと似たような効果をもっていると
いうこともできます。

ただ、保険適用で処方されるディフェリンゲル
は濃度が0.1%のため効果が出るのが遅い
です。

海外では0.3%の濃度も使用されていて
そちらのほうが早く治ると臨床試験では
証明されています。

他に効果としては毛穴が小さくなる
毛穴の角栓がとれるなどです。


スポンサードリンク


毛穴は小さくなり、ニキビ跡の赤みも
早く治りますが、残念ながらクレーター
には効果はないです。

注意しなければいけないこととしては
このディフェリンゲルは今あるニキビを
治すのではなく、ニキビを出来るのを
予防していく薬だということです。

なので、今現在ニキビが重症の人は
ディフェリンゲル単独だと効き目不足
でしょう。

経過や副作用は?

この塗り薬の特徴としては使い始めは
悪化してしまうように見えてしまう
ということです。

具体的な症状を挙げれば赤みやヒリヒリ
皮剥け(むけ)などです。

しかし、これは一見すると副作用に
見えますが随伴症状と呼ばれ
この薬が効いている証でもあります。

2週間ほどすれば落ち着いていきます。

3ヶ月後くらいからニキビが明らかに
減少する様子が観察でき、半年~
一年継続して塗ることによって
肌全体のキメも整ってくるようです。

なので本当に効果を実感したければ
ニキビが治ったからといってこの薬を
使うのを止めてしまうのではなく
根気よく長期間使い続けることが
重要です。

スポンサードリンク


化粧水や使用方法、他剤との併用は?

併用したほうがいい化粧水があります。

それはビタミンC誘導体の化粧水です。
トレチノインを使うときもそうですが
相乗効果を持ちます。

ニキビ赤みは一日で消えない?オロナインやステロイドは悪化する?

ニキビダニ症状や石鹸!酒さ抗生物質は?

ニキビオロナインとニベアの関係

ニキビ跡にオススメの化粧水は?

使用方法としては洗顔の後に
ビタミンC誘導体化粧水を塗って
デフェリンゲルをニキビのある場所
だけではなく、全体的に塗ってください。

ニキビダニ治療法や原因!薬や画像写真や顔ダニは?

ダラシンtゲルはニキビに効果ある?

黄色ニキビに薬は?オロナイン、ダラシン、ゲンタシンは効果ある

ハイドロキノンとトレチノインの効果

黄色ニキビの治し方!あごや口元に大量にできた原因は?

ダーマペンはクレーターに効果ある?

治療期間中は肌が乾燥することが
多いので保湿クリームを併用しても
平気ですが、デフェリンゲルを塗る前に
塗ってしまうと効果が落ちてしまうので
塗った後に保湿クリームは塗るように
してください。

この薬を付けている時に日光に
当ってしまうとシミがついてしまう
場合があるので使用は朝は使わずに
寝る前に一回のみとすべきでしょう。

基本的にはこのデフェリンゲルを使用
したときには、皮剥けが起きないと
効果がないということになってしまいます。

反応が鈍いときはピーリングを併用
することによって、もっと強い効果を
得ることができるでしょう。

ダラシンtゲルとの併用もOKです。
この場合は全体的にディフェリンゲルを
塗った後に、ニキビのある箇所だけ
ちょこんと塗るようにしてください。

基本的には背中のニキビにも
同じような使い方でOKなはずです、

背中の皮膚の方が、顔の皮膚よりも
厚いので、トレチノインを使ったほうが
効果的かもしれません。

ピルとにきびの関係!

ニキビと洗顔について

トレチノインについて

ニキビとオロナイン

塗り薬の治療で一番効果が挙がって
かつ副作用のリスクのバランスも
考えた場合、過酸化ベンゾイルとの
併用がベストだと個人的には思います。

そしてもしも塗り薬だけで治らないような
ニキビの場合は、内服薬を飲んで
治療していくのがよいでしょう。


sfdsfsfsa

こんな記事も読まれています

ƒvƒŠƒ“ƒg


コメントを残す

サブコンテンツ