ビタミンC誘導体化粧水はニキビに効果ある?

私は、今までそこまで多くの洗顔料
や化粧水を試したわけではありません。


スポンサードリンク



よく、新しい洗顔料を買ったら、ニキビが治ったという人がいますが、
そういう人は軽症なニキビであって、慢性重症化ニキビについては、
洗顔料を変えようが、洗顔の仕方を変えようが新しい化粧水を買っても
効果はないと思っています。

そんな中、化粧水で効果があると思っているのが、VCローションです。
よく、病院とかでも販売されています。たぶん、ビタミンC誘導体化粧水
など聞いた方も多いと思います。これからそれについて、書いていきます。

 

まず、ビタミンCの効果についてですが、シミやくすみに対しての美白、
コラーゲン生成を促進する、毛穴の引き締め、皮脂分泌抑制、ニキビの
炎症を鎮めるなど、いろいろな効果があります。

ビタミンCの効果を期待して、サプリメントをとるより、ビタミンCの
化粧水を直接皮膚につけたほうが、効果は感じるでしょう。

 

普通、ビタミンC自体は水溶性のため
、肌につけても、ほとんど浸透
されませんが、人口的にビタミンCと
リン酸をくっつけて、ビタミンC誘導体
という形だと、皮膚の細胞の間に
入りやすくなります。

このビタミンC誘導体
は、通常のビタミンCの数十倍も皮膚に吸収されやすくなります。

 

 


スポンサードリンク


 

 

ビタミンC誘導体のメリットは他にも3つあります。

一つ目は、ビタミンCは熱や光、酸素などにとても弱いですが、ビタミンC誘導体
にすることによって、安定性が増します。

二つ目は、ビタミンC誘導体は、臨床実験で、大量に摂取しても人間の
体への害がないことが知られています。

3つ目は、ビタミンC自体は水溶性ビタミンなので、摂取しても、余分な分は
すぐに尿と一緒に出て行ってしまいますが、ビタミンC誘導体は、体内で徐々に
ビタミンCに変化して、吸収されていくため、一度にビタミンC誘導体を多く
とっても、効率よくビタミンCを得ることができます。

 

ビタミンC誘導体の化粧水は医学的に効果が承認されていて、
ニキビ治療をしている病院でもよく使用されています。

普通の市販品にもビタミンC誘導体が使われていますが、ちゃんとした
病院が処方するものに比べてビタミンC誘導体濃度が薄いので効果は
あまり期待できません。なので、使う場合は、濃度を気にして購入
するようにしましょう。

 

 

市販品は医外部薬品のため、ビタミンC誘導体の濃度が3%以下と
定められています。一方、クリニックが処方する、ビタミンC誘導体
の濃度は5~10%くらいのものが多いです。

しかし、注意しなければならないのが、ビタミンC誘導体の濃度が
高いからといって、効果が高くなるわけではありません。もともと
ビタミンCは酸性なので、刺激があります。人によっては、刺激を
感じたり、肌に赤みを感じたりする場合があります。

 

 


スポンサードリンク


 

 

実際私は、10%のビタミンC誘導体化粧水を使ったら肌が赤く
なってしまいました。なので、適切な濃度を選ぶことも重要です。
ニキビ治療においては5%以上ないと効果がないので、最低限
5%以上のものは使うようにしてください。

最近ではビタミンC誘導体にも水溶性と脂溶性のものが登場しています。
水溶性だと即効性があり、ローションタイプの化粧品と相性が良いでしょう。
逆に脂溶性だと持続性があるので、クリームタイプの化粧品と相性が良いでしょう

水溶性ビタミンC誘導体としては、リン酸アスコルビルMg、リン酸アスコルビルNa
アスコルビン酸グルコシドなどがあります。短い時間で、肌に浸透するので、
即効性があります。

脂溶性ビタミンC誘導体としては、テトライソパルミチン酸アスコルビル
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、テトラリン酸アスコルビルなどが
あります。もともと、ビタミンCは水溶性ですが、水溶性のビタミンCと
油をくっつけることによって、脂溶性ビタミンC誘導体が作られます。

脂溶性ビタミンC誘導体は水溶性ビタミンC誘導体と比較すると
即効性に欠けますが、持続性や吸収率に優れます。

最近では水溶性、脂溶性両方の性質をもつ新型ビタミンC誘導体である
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naやイソステアリルアスコルビルリン酸2Na
という、物質も開発されたらしいです。これは、即効性と浸透率の両方を
いいとこどり、した性質を持っています。

手作りでビタミンC化粧水もつくることもできるみたいです。
コストが抑えられ、余計な添加物も入っていないのが魅力的ですが
日持ちが少ないのが欠点です。(1~2週間くらい)
なので、面倒ですし、個人的には私は、プリモディーネという化粧水
を私は買っています。

最新のトレンドとしては、APPS(アプレシエ)と呼ばれる、ビタミンCの
1000倍、ビタミンC誘導体の100倍もの浸透力がある物質が注目を
集めています。次世代ビタミンC誘導体とも言われています。

ビタミンC誘導体よりも低刺激で、浸透性にも優れているので、より効果を
求める方にはオススメです。APPSの場合には、濃度が1%程度が良いです。

ニキビ赤み改善するには?ビタミンや化粧水で効果があるものは?

黄色ニキビが潰れた!皮膚科の洗顔や鼻の下は?顎や潰し方は?

ニキビオロナインパックは悪化?塗り方絆創膏ラップあごおでこ鼻は?

ニキビダニ治療法や原因!薬や画像写真や顔ダニは?

アクアチムクリーム効果やニキビ跡!毛穴に効かない?

黄色ニキビに薬は?オロナイン、ダラシン、ゲンタシンは効果ある

アクアチムローションの効果使い方ニキビ塗り方

黄色ニキビの治し方!あごや口元に大量にできた原因は?

ニキビ赤みは一日で消えない?オロナインやステロイドは悪化する?

ニキビダニ症状や石鹸!酒さ抗生物質は?

ニキビオロナインとニベアの関係

このビタミンC化粧水は、デフェリンゲルトレチノイン外用を塗るときに
下地としても活躍するので、使ったことの無い方は、使ってみたらいかがでしょうか?


sfdsfsfsa

こんな記事も読まれています

ƒvƒŠƒ“ƒg


コメントを残す

サブコンテンツ