ピルのにきび効果や副作用!種類や肌荒れが悪化する?

ピルと聞くと女性が避妊や月経周期を整えたりするのに服用するイメージ
がありますが、ホルモン療法や抗アンドロゲン治療として、ニキビ治療
としても使われています。

正しく付き合えば、女性の美容にとって、大いに役立つはずですが、
日本では欧米と比べてあまり浸透していないため、副作用の観点から
ピルがないがしろにされている風潮があります。


スポンサードリンク


ピルの種類や容量の分類について

まずは、ピルの種類や歴史を見ていきましょう。

ピルには容量で分類があって、低容量、中容量、高容量の3種類が
あります。低容量はエストロゲンが0.05mg未満の物を言います。

中容量はエストロゲンが0.05mgの物、高容量はそれ以上の容量が
含まれている物を指します。0.03mgの物は超低容量ピルと
言われることもあります。

ピルには4つの世代があると言われてどんどん進化していると
言われます。

第一世代は、1960年頃に作られた、ノルエチステロンという
黄体ホルモンを使ったピルのことで、プロゲステロンの含有量は
多いが、男性ホルモン様作用が少ないのが特色です。
具体的な名前は、オーソMやシンフェーズなどが挙げられます。

第二世代は、レボノルゲストレルという、黄体ホルモンを使った
ピルで、プロゲステロンの含有量が多いため、男性ホルモン様作用による
副作用が多いため、ニキビ治療には適していません。
具体的な名前は、トリキュラーやラベルフィーユなどがあります。

第三世代は、ゲストデンやデソゲストレルといった黄体ホルモン
を用いたピルです。エステロゲンが低容量ですが効果が高く
男性ホルモン様作用が低いのが特色です。これまでのピルの欠点
が大幅に改善されていて、副作用のリスクもかなりひくめです。
具体的な名前はファボワールやマーベロンです。

第四世代はドロスピレノンといった黄体ホルモンを用いたピルです。
男性ホルモン様作用がこれまでのピルよりさらに抑えられており
ニキビ治療や月経周期改善に使われます。
具体的な名前はヤーズです。

ちなみに男性ホルモン様作用とは、黄体ホルモンの一種である
プロゲステロンによる男性ホルモンに似た作用のことです。

まず、ピルの作用機序を知るためには、ホルモンについて
詳しく知る必要があります。

2種類の女性ホルモンについて

女性ホルモンは研究によって2種類あって、老化や美肌に
ついてかなりの影響があることが確認されています。

1つは卵胞から主に分泌される卵胞ホルモンの一種であるエストロゲン。
もう1つが黄体から主に分泌される黄体ホルモンの一種である
プロゲステロンです。


スポンサードリンク


エストロゲンは、月経生理の後の卵胞期の期間に大量に分泌
されて、美肌ホルモンとして知られています。

エストロゲンの効果は女性にとって実に嬉しいことばかりで
皮下脂肪を肌の奥に蓄えるので、肌に弾力やハリをもたらします。

さらに体に水分を溜めるような働きをするので、肌の保湿力
や潤いも期待できます。肌だけでなく、髪の毛にもツヤが
出てきます。

一方のプロゲステロンはブスホルモンとして知られています。
排卵期や黄体期に多く生成する黄体ホルモンの一種です。

黄体ホルモンは男性ホルモンと性質が似ているので、
美容にとっては良くないことが起こります。

WS000000

私は、物理化学専攻なので、生物のことはよくわかりませんが
黄体ホルモンと男性ホルモンの構造式は似ています。
ということは化学的性質も似ているということです。

何かイメージとして女性ホルモンは肌をきれいにして
男性ホルモンは抜け毛や皮脂分泌過剰を招くって
どこかで聞いたことがあると思います。

プロゲステロンは、肌にハリとツヤを与えますが皮脂分泌を
増やしたりシミの原因となったり、むくみやほてりの原因
となったりします。

このような状態は月経前の肌荒れと似ており、生理が来る前
にニキビができるのは、このプロゲステロンのせいと
言われています。

一方で、エストロゲンは生理が終わったあとに、大量に
放出されるので、生理が終わった後に肌がきれいになる
というのも、何となく納得がいくと思います。

WS000001

一応、月経周期とエストロゲンとプロゲステロンの分泌量
のグラフを載せておきます。私は男なのでこの辺に関しては
全く無知ですが、女性が気まぐれだということが何となく
わかったような気がしました。

こんな短い期間の間にホルモンバランスが変わるなんて
やっぱり生理の時にイライラしてしまうのも納得いきました。

さて、ここまで読まれた方は、エストロゲンだけ分泌されて、
プロゲステロンは無くなれば良いのでは?と思うかもしれませんが
両者は密接な関係があります。

プロゲステロンは生理や月経周期を決めるのに重要なホルモンで
これがないと、女性ホルモンが乱れます。妊娠にとっても
必要不可欠なホルモンでしょう。

またエストロゲンを生成するのに、プロゲステロンが
必要不可欠だそうです。


スポンサードリンク


なので、まとめて言うとエストロゲンとプロゲステロン
両者のバランスが取れていることが美肌の秘訣なようです。

難しいですね。なので、普通の女性であっても、生理前の
数日前から肌をケアするのではなく、生理前の2週間くらいも
前からきちんとケアをしておいたほうがよさそうです。

気になるピルの副作用は?

ここからピルの副作用についてまとめていきます。

副作用は、吐き気、めまい、頭痛、血圧上昇、便秘、体重増加
しみが濃くなる、ニキビの悪化などなどです。

ピルを飲んだら、逆にニキビが悪化したと聞くことがよくあります。

これは、ピルに含まれているプロゲステロンの作用によるものです。
ピルは、種類によってエストロゲンとプロゲステロンの配合比率が
全てことなっています。

これを抑えるために、ニキビ治療においては低容量ピルが現在は
主流のようです。例えば低容量ピルの一種であるマーベロン21に
含まれているプロゲステロンはデソゲストレル由来なので、
男性ホルモン様作用が抑えられており、副作用としてのニキビ増加
のリスクはかなり抑えられています。

ニキビとは関係ありませんが、ピルの重大な副作用としては血栓症
が挙げられます。これは、文章冒頭で話したように、日本では
ピルに対する知識や扱い方が他国より遅れているからだと思います。

ちなみにピル服用については年齢制限があって、35歳以上の女性は
ミニピル(黄体ホルモン単味剤)しか選択肢に入れてはいけません。

これは35歳を過ぎると血栓症のリスクが飛躍的に増加するためです。

またピルの飲み忘れに関しては、2日以上飲み忘れたら服用中止と
一般には言われているようですが、これは妊娠リスクの低下とはならない
そうです。

またピル服用中にビタミンCを大量摂取すると、低容量ピルでも
高容量ピルと同等の効果が出てしまうこともあるようです。

ピル服用中は禁煙が原則で、定期的な血液検査を受けるのが
ベターと言われています。

副作用に関しては低容量ピルを服用することで発症確率が下げられる
ようですが、ここではあくまでニキビとピルについてのトピックに
限定したので詳しい副作用に関しては以下のサイトをご覧ください。

(ピル副作用について)

ピルの値段や個人輸入について

ピルの原価は非常に安く、一粒数円のようです。
病院にいくと1シート(一ヶ月分)数千円のようで、
そう考えるとちょっと割高なイメージですね。

通販や個人輸入でピルも買えるようですが、
プロペシアと違って、病院で処方してもらっても
そこまで高くはないので、副作用のリスクを考えると
私個人としては血液検査も含めて病院で処方してもらった
ほうが良いかと思います。

ニキビ治療とピル

最後にニキビ治療とピルについてまとめます。

ニキビ治療においては、現在低容量ピルを使用している病院が
ほとんどです。

ピルを飲むことによって卵胞刺激ホルモン(FSH)と
黄体刺激ホルモン(LH)を抑制してテストステロンの値を減らします。

さらに卵巣においてのアンドロゲンの発生を抑えて、血清中の
テストステロンの値を減少させることによって、皮脂分泌が減少します。

ニキビの根本原因は皮脂なので、結果としてニキビ治療に結びつくわけです。

ピルだけでは不十分なので、スピロノラクトンと併用する
抗アンドロゲン治療がニキビホルモン治療における主流なようです。

ニキビの病院で有名な相澤皮膚科は抗アンドロゲン治療を売りに
していると思われます。

ピルのスピロノラクトンもそうですが、今あるニキビを治すのではなく
これからできるニキビを予防するといった類の治療になります。

それと重度のニキビの場合、治療期間は半年くらいを要します。
なので長引くということはそれだけクレーターになってしまう
リスクも高まります。

なので、外用薬としてトレチノイン外用デフェリンゲル過酸化ベンゾイル
使うなどコンビネーション治療をするとより効果的に今あるニキビや
赤みなどを治療できると思います。

もちろんイソトレチノインに比べて副作用は格段に少ないので
女性でしたら私はピルやスピロノラクトンや抗アンドロゲン治療
の方をおすすめします。

基本的に内服薬の方が外用薬よりも効果が高いのは当たり前ですが
ピルやスピロノラクトンの治療を終えてしばらくすると、再び
ニキビの再発が起こったという報告もブログではされています。

もしそのようでしたら私の提案するニキビを永久的になくす
最新治療法を受けてみてはいかがでしょうか?

また皮脂分泌をなくす飲み薬もご用意しております。
そちらのほうがピルよりかは副作用も少ないです。

是非一度ご検討ください。

あと、ピルやスピロノラクトンは男性には使えないので
ご了承ください。


ニキビ治療の新薬ベピオゲルって?


sfdsfsfsa

こんな記事も読まれています

ƒvƒŠƒ“ƒg


One Response to “ピルのにきび効果や副作用!種類や肌荒れが悪化する?”

  1. ピルのにきび効果や生理肌荒れ副作用!低容量や種類通販個人輸入は? | ニキビあと化粧品ランキング7/com | 日刊☆なんでもトピックス! より:

    […] ンの含有量は 多いが、男性ホルモン様作用が少ないのが特色です。 [引用元] ピルのにきび効果や生理肌荒れ副作用!低容量や種類通販個人輸入は? | ニキビあと化粧品ランキング7/com […]

コメントを残す

サブコンテンツ